売上は、女の子から均等に得るのではなく

風俗では、売上の良い女の子を優遇することは、やはりあるようです。 お店としては、売上のある女の子にお客を優先的に回していく、ということが普通に行われています。売上のあまりない女の子に回した方が、女の子の負荷を分散でき良いように思えるのですが、実際はちがっています。稼ぎ頭の存在が重要なのです。 黙っていてもお客が取れそうな子に積極的にお客をまわしていくのは、お客に対しての顔見せの意味もあるようです。こういう女の子が入ったんですよ、と常連さんにアピールすることで、常連さんの気持ちをつなぎとめるわけです。風俗以外の業界でもそうですが、リピーターをきちんとつなぎとめておけないと、客の増減に波が生まれてきて、お店の経営に問題が出てくることが考えられます。 ですから、きちんとお客さんを確保するため、人気の出そうな女の子は、常に、女の子が許す限界までお客さんをとれるようにしておかなければならず、そのためには、良い女の子の存在をアピールする必要があるのです。何事も宣伝しておかなければ、お客さんがその商品を意識することができないということです。どんな業界でもCM、宣伝が固定の売上を支えていく下敷きになっている、ということです。